医療

相談することから始めます

医療

体に悪影響がおきていて、心因的なものがかかわっているならば心療内科に行くとよいです。ただし、病院をきちんと選ぶことが必要です。話を聞いてくれる時間を確保しているか、薬だけの治療になっていないかなどを確認すれば、適切な心療内科を見つけることができます。

詳細を読む

たらい回しを防ぐために

女性ナース

精神科との違い

心療内科と精神科は、共通点も多くあり、違いがよくわからないという方が多くいらっしゃいます。医療機関にかかった時に、例えば心療内科を訪ねたにも関わらず、精神科に回されたなんてことは、よくある話です。両者の違いをしっかり理解することで、このようなことは防ぐことは十分可能ですので、理解を深めておきましょう。まずは心療内科の定義からお話します。心療内科とは、「心身症」と呼ばれるストレスなどの心理的な原因で、身体に機能的障害を認められる病態のことをいいます。具体例としては、ストレスによる胃炎や胃潰瘍などです。一般の内科では、薬物治療を中心に身体のケアのみを行いますが、心療内科では、これらの心身症を身体的治療と精神的治療を区別することなく、総合的、統合的に治療を行います。ただし、注意しなければならないのは、あくまで身体機能に問題があり、それを治療するための手段として、精神的ケアを行っていくということです。基本的には、身体的に問題のないうつ病や精神疾患は、心身症には含まれず、精神科が専門となります。ここを理解しておくことで、たらい回しは防ぐことが出来るでしょう。ただし、近年では、うつ病などの精神疾患は、身体的機能に影響が出ている場合がほとんどです。また、精神科は敷居が高く、イメージが悪いということから、精神科であるにも関わらず、心療内科を名乗っている病院も少なくありません。これらのことが、心療内科と精神科の違いを混乱させていると言えるでしょう。

メインの症状で判断

では、心療内科にかかればよいのか、それとも精神科にかかればよいのか、と困った場合の判断基準について、お話します。判断基準は、主な症状が身体的症状なのか、精神的症状なのかということに尽きます。治したい症状がどちらなのかという風に考えても良いでしょう。それが、身体的な症状であるならば、心療内科にかかり、心身両方の治療から、身体症状を治していくことをおすすめします。一方で、精神的症状としての不眠や不安、イライラ、気分の落ち込み、幻覚や幻聴などがメインであるようでしたら、精神科医にかかり、心のケアを行うことで症状は改善することができるでしょう。しかしながら、この判断基準では、身体的症状と精神的症状がどちらも同じくらいに辛い場合には、判断ができないと思います。この場合には、心療内科、精神科、内科などひとまず医師に診てもらうが重要です。ただし、精神科については、内科の知識が乏しい精神科医も多くいますから、まずは心療内科で診てもらっても良いでしょう。ここで、注意しなければならないことは、心療内科は、心身両方のケアができるからと言って、万能ではないということです。軽度の精神疾患を診ることは可能な病院が多いですが、重い精神疾患については、対応できない心療内科は少なからずあります。この場合には、精神科に回される可能性もあるということは、頭に置いておきましょう。最後に区別がどうしてもつかないという場合には、事前に病院に電話などで連絡をとって、対応が可能なのかどうか確認しておくことと良いでしょう。

症状に合った専門機関

背伸びをする男性

ストレスが原因で、体に何らかの不快な症状が出てきた場合、どの分野の病院で治療を受けていけばいいのか分からない人も少なくありません。この場合、症状をよく理解した上でそれに沿った分野を選択していく必要があります。心療内科は体への症状が強い場合を専門とするので、思い当たる人は積極的に検討してみるべきです。

詳細を読む

どのような人が通院するか

女性医師

心療内科は心に負担をかかって病気になるのではないかと感じている人が診てもらいに行くところですが、なかなか本人が病院へ行ってくれないこともあります。そのような場合は周囲の人が心療内科で相談するのも良い方法となります。

詳細を読む