ナース

症状に合った専門機関

背伸びをする男性

治療の目的を理解する

心の問題を抱えている場合、1人で抱え込むよりかは専門の機関で相談していく方が問題解決へのいい機会となります。人によってその症状はさまざまですが、この専門の機関では一般的に精神科や心療内科、または神経科に分類されます。また、カウンセリングも治療の1つとなるのでこういうところも役立ちます。ここで症状によっては、どの病院に行けばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。特に精神科と心療内科の違いが分からないというパターンが目立ち、特徴を分かっていなければ適した治療にならない場合も起きてきます。実は、精神科は心の問題に関した専門機関で、代表的な症状にうつ病や統合失調症などが挙げられます。神経科もこれに属するので、精神状態が辛いときは精神科を受診していくことが基本的な選択です。そして心療内科というと、心の問題で体に症状が出てしまったときに診てもらう機関です。体の症状を治していくことが目的となるので、精神的な症状より体に出るほうが強ければ、心療内科を受診していくのがおすすめです。心療内科を受けていくのに適した症状は、不眠や動悸、めまいや下痢などがあります。これらは前からある症状ではなく、ストレスを感じたときに起きてくる症状として癖になっていることです。心療内科は精神的な症状の治療はいっさい行わないという訳ではありませんが、あくまで体に起きる症状を優先させていく傾向があります。このようなことを理解して病院を探していくことが必要となるので、自分の症状をよく分かっておくことが大切です。

患者の増加と今後の目標

ストレスが心の問題を作ってしまい、それが体調不良につながった場合、根本原因が解消しなければ体調不良も治りません。心療内科では治療の仕方がストレスに向けて行われるので、少しでも原因を取り除いたやり方で症状を抑えていくことになります。このようなことが原因で、体に不調が出てしまう人は少なくありません。どこかでストレスを強く感じてしまう環境が症状を発症させてしまうので、現代特有の症状ともいえます。体には無数の神経が存在し、それが人の正常な働きを維持しています。しかし、ストレスに敏感なためこれらの働きが鈍くなってしまい、さまざまな不調が出てきてしまうのです。ただし、これがストレスで起きている症状に気づいていない人も多く、自覚がない人も含めてかなりの数になると見られます。我慢を続けることで他の精神的な病気を発症してしまう可能性もあり、やはり治療を受けていかなければいい方向には進みません。こうした現状から、心療内科の数も昔と比べてかなり増えてきました。こういうところに通うことに抵抗を感じる人もいるので、親近感のある雰囲気を強調したところも多いです。精神的な問題を抱えている人は増えてきている一方、日本人には治療を前向きに検討できない人もいます。海外と比べて、メンタリティーな問題は隠したがる傾向にあるので、これを一般的な病気と捉えていく必要性も高まってきました。心療内科はその代表として、身近に起こりえる症状ということを積極的に呼びかけ、その壁を払いのけるように努めています。そのため、学校や会社が終わった後にでも気軽に通えるように、その体制を強化してきたのです。患者数の増加に合わせて、心療内科のあり方が今後も今以上にいい方向へ変わってくるようになるでしょう。